10.30.2015

11/7・11/8【Shinya yamaguchi】16SS COLLECTION受注会開催

下記日程で【Shinya yamaguchi】2016 SPRING SUMMER COLLECTIONの受注会を開催致します。


11/7(SAT) 16:00-21:00
11/8(SUN) 14:00-21:00


期間中は16SSコレクションのフルラインナップを店頭にてお試し頂け、その場でご予約をしていただけます。
7日(土)はデザイナーの山口氏も終日店頭にいらっしゃいます。

この貴重な機会に是非ご来店下さいませ。
































Shinya yamaguchi 2016SS "MY GENERATION"

Photo:Shun Komiyama
Model:Yu Ranma,Shinya Yamaguchi
Hair&Make:Mika Wanifuchi(WONDER)
Styling:Shinya Yamaguchi


※以下Shinya yamaguchiブログから抜粋

これはぼくが個人的に長年温めてきた、
イギリスのモッズカルチャーにまつわるコレクションです。

モッズというとまず連想されるのは
「モッズコートにタイトな3ピースを着てべスパ(スクーター)に乗った若者」
といった、よくあるステレオタイプのイメージ。

ですが今回はそういったイメージにとらわれることなく、
その精神性-つまりつねにスタイリッシュでカッコよくあること-
を一番に尊重し、往年のモッズスタイルをベースにしつつも、
あくまで「現代の東京ならではのモダニスト(モッズ)」の姿を目指しました。

このコレクションの一番の特徴は、
モッズの代表的なアイテムであるモッズコート(米軍のM-51もしくはM-65パーカ)
に着目し、ミリタリーアイテムならではの多様な機能性と、
往年のモッズスタイルを融合した点にあります。

たとえばモッズコートは、
同名のM-65フィールドジャケットとファスナーでドッキングさせることで、
コートとジャケット両方の用途に合わせて着ることができます。

また同じくモッズの定番アイテムであるハリントンジャケットは、
モッズから派生したスキンズ御用達アイテムのMA-1とドッキング。

このほかにもフードと袖の取り外しが可能なスウェットシャツ、
ショルダーバッグ、ハンドバッグ、メッセンジャーバッグ、
さらにリュックとしても使えるダッフルバッグなど、
ほとんどのアイテムが2way、3way、あるいは4wayで使用することができます。

その日の気候や気分、あるいは用途を問わず、
様々な場面でつねにクールなスタイリングをキメることを可能にするこれらのアイテムは、
まさに現代を生きるモッズたちにふさわしいのではないかと思います。

これらのスタイリングの足元を彩るのは、
ナイキの名作「ダンク」とドレスシューズを融合した"Henry" B Goode、
そして同じくナイキの名作「ワッフルトレーナー」と、
モッズ御用達のコンビシューズを融合した"Teddy" B Goodeという、
2型の新作フットウェア。

コレクションのタイトル"MY GENERATION"は、
モッズカルチャーにおける最重要バンドTHE WHOの代表曲から拝借しました。

まさにぼくらの世代ならではのモッズスタイルができたのではないかと、
個人的には思っています。


シンヤヤマグチ





【vonaive(ヴォナイーヴ)】
京都市中京区六角通麩屋町東入八百屋町106-1 SPACE106 2F
OPEN:14:00 CLOSE:21:00
TEL:075-212-5795
MAIL:vonaive@yahoo.co.jp
WEB STORE http://vonaive.ocnk.net
TWITTER http://twitter.com/vonaivewebstore
FACEBOOK http://www.facebook.com/vonaive
INSTAGRAM @vonaive

0 件のコメント:

コメントを投稿